Calmando Qual Hibiki

ゴシックロックと言われる音楽手法を主体に、
美しさの中に潜む残酷さ・悲哀をテーマにした歌詞と映画音楽の様な緊張感や高揚感を演出する楽曲に加えて、
ステージオブジェクトや火を使ったパフォーマンス、
映像やライティングエフェクトに至るまでのこだわりで独自の世界観を打ち出すライブパフォーマンスに、
国内だけでなく海外のストリートシーンからも注目を浴びて、これまでに4度のヨーロッパツアーを敢行。

2006年にはドイツ屈指のゴシックイベント“アンフィフェスティバル”にて、
2000人の聴衆を前にアグレッシブなステ

記事一覧(31)